顔のシミ

美白もUVも完璧!それでもあなたの顔のシミが消えない理由

乳液とは、肌に油分を与え、なめらかに整える乳状の基礎化粧品のことです。

 

UV効果のあるファンデーションを毎日欠かさず、美白ケアだってしているのに、顔のシミは消えないどころか、どんどん濃くなっている気がする……。

 

そんな風に感じているあなた。

 

自分の肌質をどのように判断していますか?
乾燥肌、オイリー肌、混合肌、と肌質は色々ありますが、顔のシミに美白化粧品が効きにくいと思っているのなら、あなたは「敏感肌」になってしまっている可能性があります。

 

紫外線防止は完璧なものの、仕事が忙しくて睡眠不足は当たり前、つきあいで外食やお酒を飲む機会も多く、ストレスの量も半端ない。

 

そんな生活に心当たりはないでしょうか。

 

生活習慣の乱れやストレスはお肌にも影響大。

 

「肌荒れの頻度が増えた」「いつもの化粧水がピリピリする」「髪の毛やマスクでかゆくなる」といった症状が表れているなら、それは敏感肌のサインです。

 

肌は本来自然なバリア機能を持っていますが、敏感肌はそれが失われてしまっている状態。

 

当然外からの刺激も受けやすく、紫外線や物理的な刺激でどんどんメラニンを発生させる結果になります。

 

そのため、どんなに紫外線を防いでも、効果が高いと人気の美白化粧品を使っても、敏感肌の方の顔のシミは薄くなりにくいのです。

 

ですから、敏感肌の顔のシミをなんとかしたいなら、失ってしまったバリア機能を取り戻すのが先決。

 

肌を刺激から守りつつ、肌自体を回復させることを心がけるスキンケアを続けると、美白効果が全く違ってくることが実感できるはずです。

セオリー通りの美白じゃNG?!ストレス肌を美白するポイントとは?

忙しい毎日ですっかり敏感になってしまったストレス肌。

 

一般的な美白化粧品は刺激が強めなものも多いので、ストレス肌にとっては逆効果になってしまうこともあります。

 

「高い美白美容液を買ったはいいけれど、つけた途端にかゆみが出て使い続けられなかった」という経験をしたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

 

とはいえ肌をいたわるだけのケアでは顔のシミ対策はできない、というのも悩みどころ。

 

でもあきらめる必要はありません。

 

ストレス肌は、調子を整えてあげるだけでも美白につながります。

 

その理由は、ヒリヒリやカサカサといった肌表面のトラブルが収まり、肌のキメが整ってくれば、それだけで肌の透明感は増し、顔のシミは目立たなくなるから。

 

元気になった肌細胞は、美白成分も効きやすくなるので、一石二鳥というわけです。

 

ですから、ストレス肌の美白はまず、肌本来の機能を取り戻すことからスタートしましょう。

 

具体的には肌が自分で持っている「バリア機能」の回復が鍵になります。

 

敏感になっている肌は、細胞と細胞をつないで並べる役割をしている「セラミド」が足りなくなっていることが多いこと、そしてストレスは美肌の大敵かつシミの原因にもなる「活性酸素」を発生させることがポイント。

 

つまり、活性酸素を抑える「抗酸化作用を持つ成分」が配合されていて、さらにセラミドも補給できる化粧品がストレス肌向きの化粧品ということになります。

 

さらに美白成分も配合されているものなら、ストレス肌美白のポイントを完璧に押さえたケアが可能ですね。

顔のシミが気になるあなたに試してほしい「3つの方法」

顔のシミは1度できてしまうとなかなか消えにくいため、しっかり予防してできるだけ作らないように努めるのが理想です。

 

とはいえ30代にもなれば、うっかりできたしまったシミを発見することもあるはず。

 

「顔のシミをどうにかしたい」「美白化粧品を使ってみても効果がなかなか出ない」という方にまず試してほしい方法

 

 

それは・・・

 

ゴールデンタイムに睡眠をとる

 

ビタミンCサプリを摂る

 

敏感肌の改善もしてくれる美白化粧品を使う

の3つです。

 

仕事で毎日夜遅いという方でも10時から2時のゴールデンタイムのうち半分は睡眠に当てられるよう、0時就寝を目指してみましょう。

 

肌のターンオーバーには成長ホルモンが必要なので、寝不足になるとシミはどんどん濃くなってしまいます。

 

また、ストレスで発生する活性酸素を抑えてくれる強い味方、ビタミンCの補給も心がけたいところ。

 

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれていますが、熱に弱いビタミンCは火で調理すると壊れてしまいますし、果物の食べ過ぎは糖分が気になります。

 

ビタミンCサプリも上手に利用して、1日1000mgの摂取を目指しましょう。

 

もちろん美白化粧品で顔のシミに直接働きかけることも忘れずに。

 

ただし美白が効きにくい肌はまず敏感肌のケアをすることが最優先です。

 

大人の敏感肌向けのために作られた美白化粧品なら、敏感肌と顔のシミの両方が同時にケアできるので効率がいいだけでなく、効果も今までになくはっきり感じられます。

 

身体の内側からと外側から、ダブルの美白で顔のシミに悩む毎日を抜け出しましょう。

顔のシミに本当に効く美白化粧品はコレ!徹底比較ランキング

毎日ストレスと戦っている大人の女性の肌。

 

敏感に傾いてしまった肌は、顔のシミをどうにかしたくても、
「美白化粧品は刺激が強そうで怖くて使えない」
「使っても効果はイマイチでがっかり」と美白化粧品選びにも苦労しているのではにでしょうか。

 

そこでここでは「敏感肌も安心して、顔のシミを積極的にケアできる」美白化粧品だけを集めてみました。

 

どれもトライアルセットが用意されているので、気軽に美白効果を確かめてみることができますよ。

 

1位ディセンシア・サエル
「敏感肌は美白化粧品が効きにくい」その理由が敏感肌のバリア機能の弱さにあるということに着目した敏感肌専用美白化粧品。

 

炎症のくりかえしで顔のシミが濃くなってしまうのを防ぐ、独自の「ホワイトサイクルシステム」で、お肌の調子を整えながら、積極的にシミをケアしていきます。

 

10日間たっぷり使えるモニターセットは、使用後でも30日以内なら全額返金ok。
もしお肌に合わなかった時でも安心です。

 

2位ライスフォース
芸能人に愛用者が多いことでも知られるライスフォース。

 

シミ・くすみ対策セット付きトライアルキットなら、お米由来の美肌成分がお肌の内側からうるおいをキープしつつ、ビタミンC誘導体が顔のシミを薄くします。

 

3位アンプルール
女医が開発した「うるおい保湿美白」化粧品。

 

ハイドロキノンとビタミンCのダブル効果でシミにアプローチしつつ、お肌はもっちりしっとり。
大人の女性の支持を得て、リピート率81%を達成しています。

日差しが強くなる季節にチェックしておきたい参考サイト

シミは日差しの強い季節に紫外線ケアを怠ったことが原因となることが多いです。
でも過去の行動は変えられません。

 

せめてこれからの生活で、シミができないようにしたり、できてしまったシミをケアしたいもの・・・

 

この美白美容液ランキングサイト:美白ルームでは、美白美容液だけでなく、くわしく美白ケアに
関して書かれています。

 

知っているつもりでも知らない美白ケア方法が意外とあるものです。
基本から応用まで、これを機会に知ってみるのもいいかもしれませんね!