顔のシミはどうしてできる?シミが生まれるメカニズム

顔のシミはどうしてできる?シミが生まれるメカニズム

目元や頬、唇の周りなど、1つシミを見つけただけでも気持ちが落ち込んでしまいますよね。
見た目年齢を大きく左右する顔のシミ、できればあらわれないで欲しいものですが、一体どうしてできてしまうのでしょうか。

 

私たちの肌には、雨の日であっても紫外線が降り注いでいます。

 

「紫外線がシミの原因になる」ということはよく知られていますが、紫外線が直接シミを作っている、というわけでもありません。

 

紫外線を浴びると、肌細胞にはさまざまな異変が起こります。

 

紫外線のパワーはとても強いので、もし浴びっぱなしだったとしたら、細胞が死んでしまったり、がんになってしまったりする可能性も。

 

そこで肌を守るために色素「メラニン」が生成されるのです。
肌のSOS信号を受けて作りだされたメラニンは、28日間の肌周期「ターンオーバー」とともに、排出されて肌には残らないのが普通です。
ところが必要以上に作られすぎてしまったり、肌のターンオーバーが何らかの理由で鈍っていたりすると、
全てのメラニンを排出することができず、1部のメラニンが残ってしまいます。

 

これが「顔のシミ」の正体です。

 

紫外線以外にも、摩擦やニキビなどの吹き出物も肌へダメージを与えた結果、シミの原因になることもあります。
顔は紫外線が当たりやすいだけでなく、スキンケアやメイクで刺激を受けることも多い場所。
顔のシミを予防するには紫外線を防ぐだけでなく、普段から優しく扱ってあげることも大事だといえます。