その行動がシミを濃くする!顔のシミと生活習慣の深い関係

その行動がシミを濃くする!顔のシミと生活習慣の深い関係

顔のシミは嫌なものです。けれども顔のシミを作っている「メラニン」、
もともとは肌を守るために重要な役割を果たしている色素です。

 

しかも本当なら肌の生まれ変わりと一緒にはがれ落ちていき、顔に残ることはありません。

 

ところがさまざまな原因で肌の新陳代謝が鈍ってしまうと、
メラニンはいつまでも顔にとどまり続けることになり、そのうち顔のシミとして定着してしまいます。

 

新陳代謝を鈍らせる大きな原因は老化ですが、生活習慣の影響も大。

 

「寝不足が続くと肌が荒れる」といった経験をしている方は多いと思います。

 

睡眠不足で肌の調子が悪くなってしまう理由は、
肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンが、夜しっかり睡眠をとらないと十分に分泌されないから。

 

成長ホルモンは身長を伸ばすためのものだけではないんですね。

 

顔のシミ予防にも、夜10時から2時のゴールデンタイムの睡眠を心がけましょう。

 

また、ストレスや喫煙が原因で発生する「活性酸素」も顔のシミの原因になります。
特に喫煙は、メラニンの還元や、肌の土台であるコラーゲン生成のために欠かせない栄養素であるビタミンCを大量に消費してしまいます。

 

よく「タバコ1本シワ1本」といいますが、「タバコ1本シミ1つ」といっても言い過ぎではないかもしれません。

 

もちろんビタミンなどの肌に必要な栄養素をしっかり補給するためには、食生活にも気を配りましょう。

 

大人が生活習慣を改善するのはあまり簡単なことではありませんが、できることからはじめていけば、必ず効果を実感できるはずです。