顔のシミに効く食べ物で身体の中から美白する

顔のシミに効く食べ物で身体の中から美白する

「肌は食べ物から作られる」といっても言い過ぎではありません。

 

顔のシミ対策はスキンケアも大事ですが、同じように毎日の食事も重要です。

 

どんな食べ物が顔のシミに効くのでしょうか。

 

まずシミの種類に関わらず共通して摂りたいのがビタミンです。

 

美白成分として有名なビタミンCは、いちごやキウイといった果物の他、
ブロッコリー、パセリ、芽キャベツなどの野菜にも多く含まれています。

 

ビタミンには水溶性のものと油溶性のものがありますが、ビタミンCは前者。

 

水分と一緒に排出されてしまい、身体の中にためておくことができませんから、こまめに補給することを心がけたいものです。

 

ビタミンは単独で摂るよりもバランスよく組み合わせて摂った方が効果がアップするという特徴もあるので、
抗酸化作用に優れたビタミンEや肌のターンオーバーを促進してくれるビタミンB2も一緒に摂ることをおすすめします。

 

ビタミンEはかぼちゃやゴマ、ひまわり油、うなぎなどに、ビタミンB2はレバーやいわし、納豆などに多く含まれています。

 

女性ホルモンが関係しているといわれている目の周りのシミに悩んでいる方におすすめなのは「イソフラボン」。

 

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする成分で、豆乳や豆腐、納豆など大豆製品に含まれていることで有名です。

 

また、「できてしまったシミも薄くしてくれる」と昨今大注目のL?システインが含まれているのは、
はちみつや小麦胚芽など。

 

これらの食材を上手に組み合わせて、身体の中からも美白しましょう。

顔のシミに効く食べ物で身体の中から美白する記事一覧