もしかして肝斑?30代なら知っておきたい顔のシミの種類

もしかして肝斑?30代なら知っておきたい顔のシミの種類

顔のシミには種類があるということを知っていますか?

 

通常シミといえば、紫外線が原因でできる「日光黒子」か、
ニキビやひどい肌荒れのあとなどにできるシミ「炎症後色素沈着」のことを指すことが多いのですが、
もしもあなたの年齢が30代から40代なら、もう1つ可能性を考えておかなければならないシミがあります。

 

それは「肝斑」。

 

肝斑は左右の頬骨に沿って、薄くモヤがかかったように現れることが多く、ときにはこめかみや額のほうまで広がることもあります。

 

肝斑が他のシミと違うのは、女性ホルモンが関係しているという点。

 

紫外線でも濃くなっていきますが、ストレス等も原因になります。
また、肝斑は他のシミには効果のあるレーザー治療をすると、余計に濃くなってしまうこともあるといわれているので、
顔のシミをケアする際には、そのシミが肝斑なのか、そうではないのかということをきちんと見極めておく必要もあります。

 

「もしかして自分の顔のシミは肝斑かも」と思ったら、専門医の受診がおすすめです。

 

肝斑には「トラネキサム酸」の服用が効果的ということがわかっているので、
クリニックで肝斑と診断されれば、保険適用外ですが処方してもらうことができます。

 

トラネキサム酸は薬局でも購入できるOTC医薬品もありますが、
自分で購入して服用する時は、「2ヶ月を超えて服用しない」「再開時する時も最低2ヶ月あける」などの用法を必ず守りましょう。

 

また、肝斑以外のシミを薄くしようと飲み続けても有効性は今のところ認められていないので注意してください。