バランスが美しさの鍵!ホルモンを整えて顔のシミを薄くする

バランスが美しさの鍵!ホルモンを整えて顔のシミを薄くする

肌の調子は、ホルモンバランスの影響を常に受けています。

 

生理前にニキビができるという経験はほとんどの方がしているのではないかと思いますが、実は顔のシミも濃くなる人が多いんです。

 

また、出産のあとにシミができる人もいて、これは時間が経つに従って改善されることもあるのですが、
ホルモンバランスが整わないままだと、そのまま定着してしまうことも。

 

いずれにしてもどんどん女性ホルモンの分泌量が減ってくる30代以降でもキレイな肌を保つためには、ホルモンバランスを整える努力が必須です。

 

それにはやはり規則正しい生活を目指すことが1番。なぜならホルモンバランスは、「体内時計」と密接な関係があるからです。

 

体内時計とは、人間の体にもともと備わっている機能で、
簡単にいえば人間は体内時計のおかげで、特に目覚まし時計のお世話にならなくても「朝起きて昼間活動し、夜眠る」ということができます。

 

ところが体内時計は、夜更かしが続いて朝日を浴びることが少なくなったり、
食事回数や食事時間のリズムが乱れたりすることで、狂ってしまいます。

 

体内時計が狂うとホルモンバランスも不安定に。

 

イライラしたり女性周期が乱れたりするほか、シミにも影響が出ます。

 

特に働く女性は「夕食をとる時間と寝る時間が遅く、朝食を食べない」という人が多いはず。

 

1日3食を心がけるだけでも体内時計は狂いにくくなりますから、まずはそこからはじめてみてください。

 

寝る前の飲食は消化器官に負担をかけて、肌のターンオーバーを遅らせる原因にもなるので、寝る前3時間は食べないようにすることもおすすめします。